太ももダイエット・ストレッチうやメソセラピー治療

太もものサイズを落としてやせる方法

 

 

太ももがやせるようなダイエットにいい方法はないでしょうか。効率的な太ももダイエットのコツは、最初に自分の太ももの特質を知ることです。筋肉質な太ももなら固く締まっています。太ももが筋肉でみっしりという人は、ジムや部活動で日頃から体を動かしているのではないでしょうか。太ももが筋肉タイプの人は、太ももダイエットにと運動をしても筋肉が強化されてますます太くなってしまいかねません。

 

運動量の増加は、太もものサイズを落としてやせるための方法としてはおすすめできません。太ももの筋肉を使った運動をあまりせず、筋肉を減らして脂肪にすることが、筋肉型の太ももをやせるようにするための第一歩です。運動量を少なくすることで筋肉を脂肪にし、それから脂肪を燃焼させるのがやせる手順となります。太ももに筋肉がある時は筋肉に負荷をかけても痩せません。むしろ使わずにいて脂肪にすることで筋肉量を減らせます。筋肉の多い太ももがやせるダイエットをしたいなら、3ヶ月程度筋肉を休ませて筋肉量を減らしてから、運動を再開して脂肪を代謝させるというやり方がいいでしょう。

 

運動を急にストップしてしまうことに不安を感じる方もいるでしょうが、運動を再開してから約半年後には、身体のリズムがだんだん元に戻ってくるので心配はありません。筋肉を休ませるとはいえ運動をしないということは難しい方は、水中ウォーキングなどの太ももへの負荷が軽い運動に切り替えるという方法もいいでしょう。酢をたっぷり取り入れながら運動することは、太もものサイズを落としてやせるための必須ポイントとなります。
ダイエットなら脂肪を燃焼する防風通聖散がおすすめです。

 

太ももでもお腹周りでも脂肪を燃焼してくれます。

 

防風通聖散は多くのメーカーから出ていますが満量処方の生漢煎がおすすめ

 

>>生漢煎の防風通聖散はこちら

 

太ももを細くしてやせるためのストレッチ

 

 

脂肪がたっぷりついてだぶついて見える太ももをダイエットでやせる方法の1つに、太ももストレッチをするというものがあります。太もものやせるダイエットでは、ふとももの筋肉をよく動かすストレッチや運動をすることです。だから、太ももの筋肉をグッと伸ばすストレッチが、やせるためには大変効果的なのです。太ももストレッチ方法に特別なルールはありません。真っ直ぐに立って、または寝転がった状態で、ゆっくりと脚を上げ下げしたり、椅子の上に脚を乗せたりするなど、独自の太ももストレッチ方法を考えるのも良いですね。

 

筋肉が太ももにあり、力が入っていることが意識できる姿勢を取りましょう。きつすぎない程度に、楽しく運動ができるようなストレッチをすることが、継続して太ももをやせるダイエットのポイントです。ストレッチに慣れてきたら、スクワットなどにも挑戦してみてはいかがでしょうか。スクワットは太ももの筋肉を活発に働かせますので、やせるためには打ってつけの運動です。ストレッチは太もものやせるダイエット運動ですが、何事もやりすぎは良くありません。

 

1時間も2時間もぶっ通しでやったりはしない方がいいでしょう。短期間での集中的な運動は、やせるどころか筋肉痛などを引き起こしたり体調不良を誘発したりする可能性もありますので注意が必要です。体に負担をかけず、健康的にやせることを目的とするならば、就寝前や入浴後に10分や20分の時間をもうけ、毎日少しずつストレッチに取り組んでください。

 

太ももがやせるメソセラピー治療について

 

やせる方法を模索して運動や食事制限に取り組んでいる方は、太ももを細くすることを目標としている方もいます。思うように太ももがやせる気配がないと困っている方には、メソセラピー療法はどうでしょうか。太ももの脂肪を溶かしてやせるという画期的な方法です。メソセラピー治療とは、アミノ酸やビタミンなどの脂肪を溶かしやすい成分や薬品を直接太ももの脂肪層に注入し、やせることを目的とした治療方法です。

 

この方法を使えば、脂肪を溶かす成分をスリムアップしたい部分に注入し、その部位の細胞核に直接作用することでやせることができます。なかなか太ももがやせなかった方でも、メソセラピー療法なら、効果が目に見えてわかるでしょう。1回の治療は5分程度で済みます。個人差もありますが、3回程度の施術を重ねる頃にはほとんどの方の太ももがやせるそうです。極細の注射針を用いますので、痛みもほとんどなく、跡が残ることもないようです。脂肪を溶かす薬というと怖そうなイメージがありますが、極めて安全な薬品です。

 

また、使用した薬液は老廃物と共に排出されるので後に残らず、体にも優しい薬品として安心して使うことができるようです。太ももを何とかしてやせる方法はないかと探している人には、目指す部分だけやせるメソセラピー療法がいいでしょう。美容クリニックなどに行けばメソセラピー療法を行っているところがありますので、施術を受けてみたいという方は、まずは調べてみるといいでしょう。

 

太ももが太る原因について

 

太もものダイエットを考えている方は少なくないようです。太もものダイエットに関する情報や書籍も人気のようです。ダイエットを成功させるためには、太ももが太る原因を理解しておかなければなりません。どんな要因で太ももは大きく見えるのでしょう。よくある理由には、血流の悪さや新陳代謝の鈍化で起こるセルライトの増量が考えられます。セルライトは、カロリーの高い食事などで脂肪が増え筋肉が減っても、代謝は低い状態が継続した時にできやすい物質といいます。

 

脚のむくみも、太もも太りの原因になります。むくみとは体の水分が増えてパンパンになった状態です。足は体の中でもむくみやすく、血管を圧迫するなどで血が流れにくかったり、水分が溜まったりすることで起きます。むくみの少ない下半身を維持し太ももを細く見せるには、立ったまま働く機会の多い人でも、足の血の巡りをアップする方法を考える必要があります。むくみがあるために太ももが太く見える方のダイエットには、血行促進効果のある運動がぴったりです。

 

足先や指先がよく冷える冷え性体質は、血行が悪くなってむくみが悪化し、太ももがむくみで一層太く見えることがあります。太もものダイエット効果をもたらすものは、マッサージだけでなく、膝や骨盤エクササイズなどもあります。股関節や骨盤にズレや歪みが生じていると、血流が悪くなったり水分の巡りが滞って脂肪が蓄積されやすくなり、下半身が太く見えやすくなるといいます。太ももが太る原因を把握して太ももダイエットにチャレンジすれば、きっとダイエットに成功するはずです。

 

太ももダイエットの簡単な方法

 

 

太ももをシェイプアップさせたい人は、ダイエット運動がお勧めです。太ももダイエットが簡単にできる方法は、椅子に座って両方の太ももの内側の部分を引き締める方法です。座り姿勢を崩さずに、できるだけずっと内股に力を込め続けます。好きな時に休憩、再開ができます。

 

自然にできるようになったら次の段階です。足首から太ももまでに力を入れる運動です。直角に膝を曲げ、足全体に力を入れたまま両足の隙間がないくらいくっつけます。くっつけたまま、両方の膝の部分を、今度は思いっきりギューッと押し付けることで、太もものダイエットができます。1分間続けることを目安にします。様々な太もものダイエット手段がありますので、色々試してみてください。

 

テレビを見る時の姿勢をイメージしつつ、横になって片肘を床につく姿勢を取ります。床についている側の足は伸ばしたまま、もう片方の足をピンと伸ばしたまま、ゆっくり上に持ち上げます。ハサミが開いたり閉じたりする様子をイメージしつつ、膝を伸ばしたまま上下に動かすというエクササイズです。

 

太ももダイエットのためには、腹筋に力を入れつつ、足の根本から先まで均一に使うつもりで行います。実際にやってみると、意外と太ももの筋肉に力が必要なことがわかるでしょう。左右で30回ずつを毎日行うことで、少しずつ効果は現れます。すぐに結果がでなくてもしばらく続けることによって、太ももダイエット効果がもたらされます。

 

 

太もものダイエットが難しい理由

 

 

太ももはダイエットしたい部位として、ふくらはぎやヒップなどと共にあげる人は多いようです。様々なファッションがある中、スキニージーンズなどお尻から太もものラインが引き締まっているときれいに見える服もたくさんあります。そのため、太ももダイエットを望む人が多いのです。しかし、ダイエットに取り組み体重は減少しつつあるけれど、太もも自体は変わりがないという人もいます。

 

太ももの脂肪は、ダイエットをしても一番最後にしか減らないという話もあるほどです。どうして太もものシェイプアップは難しいのでしょう。体重は、食事の量を減らしたり、サプリメントなどを利用したりすれば減らすことができます。ですが、太ももの部分痩せを目指すならば、太ももの筋肉を鍛えるエクササイズや、下半身の血の巡りを良くするマッサージ、食習慣の見直しなどの作業を同時並行で行ってのダイエットが求められてきます。

 

太ももの筋肉を使う日常的な動作はあまりないので、食事面や運動面からのアプローチも一筋縄ではいきません。デスクワークの多い方や女性は特に足腰の血行が悪くなってしまいます。ダイエットに適した食事を心がけていても、欠乏気味な成分が何かしら出てくることでしょう。太もものシェイプアップは他の部位に比べると相当大変のようですが、正確な情報と適切なダイエットを行えばきっとうまくいくはずです。

 

 

 

ダイエットを始める前に太もものサイズを知ろう

 

 

太ももダイエットを始める前に、自分の太もものサイズを知っておきましょう。自分の太もものサイズを知っておくことは、ダイエットに成功した成果を知るために大事なことです。正確な結果を求めるためには、常に正しい太ももの計測をすることです。少しずれても数字はかなり変わります。

 

太ももを地面に対して水平にした状態で、最も太くなっている部分を計測します。ダイエットを続けていくうちに姿勢が変わり、位置がずれやすいようです。膝を起点にどの程度離れた地点を測っているのか、明確にしておくのも有効です。数字の変化がわかりやすいよう、同一箇所を計測します。太ももダイエットでも、目標設定はとても大事になります。理想的な太ももの太さというものには、一定の目安のようなものがあります。

 

基本的には、身長の29〜31%の数字が太ももの太になります。例えば身長160?pなら46.4〜49.6?pという考え方です。身長160?pの人の理想とする太ももは46.4〜49.6?pと考えられるわけです。もしも太ももサイズが身長の0.31倍をオーバーしているなら、太ももダイエットでのシェイプアップに取り組みましょう。

 

 

太ももが太る原因を知ってダイエットしよう

 

 

太ももをスリムアップすることは決して容易なことではありませんが、適切な情報があればダイエットができなくはありません。太もも太りには何パターンかかあります。原因に対して適切に働きかけていけば、上手くダイエットすることができます。太ももが太る原因にはどのようなものがあるのでしょうか。太ももが太る原因の最も基本的なものといえるのが、脂肪太りです。脂肪が溜まるのは、使わなかったカロリーが次々に蓄積されるためです。

 

食べ物で得たカロリーと生命維持や運動で使うカロリーの釣り合いが取れていなければ、余ったカロリーが脂肪になります。そのため、過食や運動量の少なさで脂肪ができるのです。全身を動かすような運動をダイエットで行うことで、脂肪が燃えやすい体質になります。太ももの脂肪も全身の脂肪と共に減っていくでしょう。

 

むくみは下半身太りの大きな原因となっているものです。体内の血流が悪くなると、リンパや血液が体の低い方に留まりやすく、それがむくみとなります。1日じゅう椅子に座って仕事をしている人や同じ姿勢で働いている人は下半身がむくみやすいようですが、骨盤の歪みや冷え性体質もむくみの原因になります。排出されない老廃物が留まっている状態に対して対策を立てないままでいると、脂肪太りからセルライトが蓄積されやすくなるようです。太ももが太く見える理由は脂肪だけによるものではありません。

 

筋肉太りは、長年トレーニングに打ち込んでいた人がやめた時になるものです。筋肉太りとは筋肉だけで足が太くなることではなく、運動をやめた人の太ももに筋肉と筋肉の隙間に脂肪がついて太くなってしまうという症状です。筋肉太りの太ももダイエットは相当な苦労がいります。前ほどの運動をすることはないですが、根気よく運動を続けていかなければなりません。運動をしなくなっても食事の分量はこれまで通りという人もいるようです。

 

運動をしなくなれば、その分だけ体が使うカロリーも減ります。体が使うカロリーに見合う量の食事にとどめておかなければ、脂肪が増加するばかりです。太ももダイエットでは、口にするものにも関心を向ける必要があるわけです。どういった理由で太ももが太くなるかわかりましたか。太ももダイエットを成功させるため、まずは自分の太ももの状態を観察して対策を決めましょう。

 

 

 

太ももダイエットに成功するポイント

 

 

太ももダイエットをやり遂げるには、まず生活内容もチェックするといいでしょう。食べ物ですが、煮干・しじみ・海藻類・レバー等に含まれる鉄分をしっかり摂取するようにしましょう。日本人の食生活にはカルシウムが少ないと言われていますので、チーズや牛乳も重要です。ひじき、小魚、ほうれん草、乳製品は様々なミネラルを含む健康には欠かせない食べ物です。ビタミンB2を摂取するためにレバーやチーズやサバ、ビタミンB1を摂取するために大豆やゴマやレバーや豚肉もいいでしょう。

 

膝から何cm上のところで測定しているかを一緒に記録しておくといいですね。太ももダイエット時に太ももの脂肪を消費させるかが鍵となりますが、いくつかの栄養素は、体内の血行を改善して水分の排出を促し、脂肪燃焼を助けます。太ももダイエットでは、ダイエット効果のある歩行法があります。太ももの内側の部分である内ももが太っていると気になる人は、歩幅を広めにし、左右の脚の間に一本の線を挟む様に、膝と爪先を正面に向けながら歩きましょう。

 

太ももの外側の部分、外ももが太っているなという人は、歩幅は30cm位開け、左右の脚は一本の線の上を歩いている様に、脚を重ねて歩きましょう。足が地面に着いた瞬間に膝の裏に力を入れて少し伸ばすことがポイントです。普段の歩行を改善することは太ももダイエットにとても有効です。引き締まった脚線美の持ち主になるには、太ももダイエットが効果的です。